成人が1日に必要とされる野菜の量は350gです。

毎日この量の野菜を摂取することは難しく、野菜不足から「便秘」に悩まされる方が増加傾向にあります。。

ただ便秘はどのくらいの状態のことをさすのでしょうか?


口コミで選ばれた人気の青汁ランキング

▶︎1位 1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁

▶︎2位 えぞ式 すーすー茶

▶︎3位 乳酸菌と食物繊維がたっぷり!【青汁みらい】


日本消化器学会に記載されている記事を引用していいますと

便秘とは、排便の日常より回数が減ることです。

排便の回数は人によっていろいろで1日3 〜4回の人から4〜5日に1回位の幅に広がっています。

この幅からはずれている場合は異常かもしれないと考えますが、1日3〜4回でもあるいは3〜4日 に1回でもそれが長年の排便習慣で、全く違和感なければ便秘と考えなくてもいいと思います。

※日本消化器学会様より引用

 

 

排便の回数については様々な個人差があるということです。

・排便の回数、量が減った

・排便はあるがスッキリとしない

・便が硬く排便が困難である

こうした人は、野菜不足やストレスなどにより、「腸内環境」がおかしくなった状態となっています。

腸内環境の乱れを修正するためには、整腸作用を促進す「善玉菌」が住みやすい腸内環境に整えるようにしなければなりません。

しかし、毎日1日の摂取目安量である野菜の量を補うことは容易くないため、「青汁」を飲むことで野菜不足を解消し、便秘改善へと繋げる健康改善が注目されています。

 






sponserdlink


青汁に含まれる便秘解消に効果のある成分

青汁には、便秘解消により効果が高い成分として「食物繊維」が豊富に含有されています。

青汁の原料として有名な野菜であるケール、大麦若葉、明日葉などの緑葉野菜には、食物繊維が豊富に含有されており、腸内に溜まっている老廃物を体の外へと排出する働きがあります。

また、腸を刺激してぜんどう運動を促進する働きもあり、不快感の元となっている便も、速やかに排出する働きがあるため、青汁を飲むことで便秘解消につながる場合もあります。

さらに、便秘解消の重要な役割をになう善玉菌を増やすためには、「オリゴ糖」の働きが必須です。

腸内では、便秘の原因となる悪玉菌はいとも簡単に増えてしまうのですが、善玉菌は増えにくく、継続的な腸内ケアが必要となります。

オリゴ糖は、野菜や果物に少量だけ含まれる成分のため、オリゴ糖が含まれる青汁を活用するとより効果的に効果が出やすくなります。

オリゴ糖入りの青汁を飲むことで、整腸し、便秘をしにくい体へと変化していきますので、慢性便秘に悩む方にも青汁はおすすめです。

 


【おすすめ】100%国産 ・野菜5種類【サンスター「粉末青汁」】

▶︎こんな方におすすめ

・30代~50代の方

・野菜を摂っているが、常に野菜不足が気になる方

・国産原料にこだわりたい方

・他の飲みやすい青汁では野菜を補えていないと感じている方

▶︎粉末青汁情報

・100%国産野菜使用

・5種類の野菜粉末を使用

・一日分の不足分も補える野菜使用量

・つなぎ等一切無添加

・他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍 (10g)

【公式】サンスター「粉末青汁」






sponserdlink