昔は飲みにくいイメージだった青汁ですが、現在販売されている青汁は飲みやすく改善され、口コミ、コマーシャル等で広まって多くの方々に受け入れられるようになってきました。

健康改善としても人気のある青汁を、便秘解消に生かすこともチェックされてきています。青汁にはどのような便秘解消効果があるのでしょうか?

 


口コミで選ばれた人気の青汁ランキング

▶︎1位 1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁

▶︎2位 えぞ式 すーすー茶

▶︎3位 乳酸菌と食物繊維がたっぷり!【青汁みらい】


便秘の定義

便秘は、人によって差があります。

日本内科学会の発表では、3日以上の排便がない・排便後も違和感を抱くなどが便秘の定義です。

排便の数は個人差が大きいもの。

排便が3日以上ないという定義より、いつもよりすっきり排出しないという感覚を抱いたら便秘だと考えた方がいいでしょう。

便が硬くなって出にくいのも、便秘の始まりだと考えるべきです。

 

 

食物繊維が豊富

快適な排便には、食物繊維の摂取が有効です。青汁の主成分であるケール・大麦青葉・明日葉(あしたば)などには食物繊維が豊富に含有されています。

食物繊維を取ることで、腸内に蓄積している老廃物の排出も促進してくれます。

食物繊維は腸を適度に刺激し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれる効果があります。

普段とは異なる残便感を抱くようなら、食物繊維で腸の蠕動(ぜんどう)運動を活性化し、便を体外へ排出する働きを利用し排便をスムーズにします。

 






sponserdlink


善玉菌を増殖する

腸の中には善玉菌と悪玉菌があります。

しかし、悪玉菌は増殖しやすく、腸の働きを悪くする原因です。

腸内環境が悪化した場合、排便がスムーズに行われず、つらい便秘をひきおこします。

腸内環境正常化には善玉菌を増やすことが重要で、青汁に含有されるオリゴ糖が善玉菌増殖に役立つとされているのです。

正しい飲み方をすることで、便秘をしにくい体作りに貢献してくれます。

 

正しい飲み方

青汁を飲む時間帯は、ご自身のタイミングで飲み、継続していけることが最も大切です。

ただし、便秘解消に効果がある時間帯として挙げられるのは、就寝前だとされています。

就寝中に青汁に含まれる食物繊維が体内に吸収され、腸の活動が活性化してくれいるのです。

腸の動きが激しくなることで眠れない場合、飲む時間帯はずらすようにしてください。

摂取量は商品に記載されている上限を守りましょう。

 


【おすすめ】100%国産 ・野菜5種類【サンスター「粉末青汁」】

▶︎こんな方におすすめ

・30代~50代の方

・野菜を摂っているが、常に野菜不足が気になる方

・国産原料にこだわりたい方

・他の飲みやすい青汁では野菜を補えていないと感じている方

▶︎粉末青汁情報

・100%国産野菜使用

・5種類の野菜粉末を使用

・一日分の不足分も補える野菜使用量

・つなぎ等一切無添加

・他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍 (10g)

【公式】サンスター「粉末青汁」






sponserdlink