どんなに期待できる青汁でも、選び方を間違えるとあまり効果が得られなかったりします。

八百屋などで売られている野菜にも栄養価が違うように、原料の違いで、青汁を継続して飲んでも効果が得られにくくなってしまいます。

 


口コミで選ばれた人気の青汁ランキング

▶︎1位 1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁

▶︎2位 えぞ式 すーすー茶

▶︎3位 乳酸菌と食物繊維がたっぷり!【青汁みらい】


 

安すぎる青汁はダメ

あまりにも安すぎる青汁はその野菜の原価も低いことがほとんどです。

努力により低価格で提供する品物もあるため、一概に安い=良くない商品とはなりませんが、安すぎるのは多少疑問を持つ必要があります。

海外の原料を使って農薬を使っているいるなどの疑いがあります。

 

国産原料を選ぼう

すべて国産などしっかり提示できる商品を選びましょう。

一種類だけ国産だったりすることもあります。

しかし加工による細工があるため注意しましょう。

加工食品は海外の材料を仕入れても、国内で加工すれば国産と表示できるのです。

国産だからといって本当に材料が日本のものかは安心してはいけません。

 

 

無農薬を選ぶ

スーパー等で売られている野菜も同じですが、農薬を使わず、有機栽培や化学肥料不使用のほうが栄養価が高くなります。

青汁の効果を得るためには、野菜の栽培方法なども参考にしましょう。

厚生労働省ももっと野菜を摂取しようと謳っています。

1日に食べるべき野菜の量は350gで、これに満たない人が上昇傾向にあります。

野菜を積極的に食べているつもりでも、現代人は足りない傾向があります。

野菜の摂取は病気予防に繋がります。




sponserdlink


生活習慣病の原因は欧米化の食事にあり

現代人に生活習慣病が増えているのは、食生活が欧米化していると指摘されています。

欧米食とは肉が中心で野菜が不足し、バランスが乱れている食事のことです。

日本食はヘルシーだと注目され、病気予防に役立つと取り入れる方も増加傾向にあります。

 

カリウムで塩分を排出

野菜に含まれるカリウムは、塩分の排出を促進作用があり、高血圧などの病気の原因の一つである塩分の摂りすぎも原因のひとつだとされていて、野菜を沢山食べたほうが予防ができます。

果物もカリウムが多く摂取すれば、体内の塩分も調節され対策にもなります。

 

食物繊維による効果

野菜にはたくさんの食物繊維が含有されています。

腸に効くことでコレステロール・血糖値の上昇を防ぎこれらの吸収を抑制したり一緒に排出する効果があります。

 


【おすすめ】100%国産 ・野菜5種類【サンスター「粉末青汁」】

▶︎こんな方におすすめ

・30代~50代の方

・野菜を摂っているが、常に野菜不足が気になる方

・国産原料にこだわりたい方

・他の飲みやすい青汁では野菜を補えていないと感じている方

▶︎粉末青汁情報

・100%国産野菜使用

・5種類の野菜粉末を使用

・一日分の不足分も補える野菜使用量

・つなぎ等一切無添加

・他の青汁にくらべて一包の量が2.5倍 (10g)

【公式】サンスター「粉末青汁」






sponserdlink