引っ越し業者の料金を安くする方法

一人暮らしを

スタートするときや、

新たに生活を

求める際に不可欠なのが引っ越し作業になります。

 



 

ここでは、

その引っ越し費用

少しでも安価にするためのコツを

紹介します。

 

引っ越し 見積もり 荷造り 引っ越し荷造り

 

掲載している内容は、

業者に依頼する際のお話となります。

 

個人でやられる場合などは

該当しないことを

ご了承ください。

 

「ズバット引っ越し比較

は多数の引っ越し業者から

一度に見積もり

得ることができるサイトです。

 

引っ越し業者への費用を安くするためのポイント

結果だけ述べると、

次のようになります。

  • 繁忙期を避ける
  • 作業員人数を減らす早めに予約する
  • 午前より時間お任せや午後を指定
  • 見積もりは何社かにしてもらう
  • 平日に行う

 

主な内容は以上になります。

 

では、

それぞれどういう事からなのか、

そのほか詳細について説明していきます。

 

繁忙期を避ける

繁忙期とは、

引っ越し業者として忙しいシーズンになります。

 

営業努力を

しなくても客が向こうから

来てくれるシーズンですから、

引っ越し業者としてもある程度強気な金額を

提示してきます。

 

現実に、

通常期と比べて3倍以上の額になることもあります。

 




sponserdlink


 

これは、

一概に稼ぎたいから、というだけでなく、

運搬車が足りなくなったり、

アルバイトなどの

人数うを

増やす必要があるからなどが影響しています。

 

一番忙しい時期は3月から

5月です。

 

このシーズンは、

学生なら新入学のため、

新生活へ引っ越しがありますし、

会社勤めでも転勤などで引っ越しする人が増えます。

 

7月から9月も、

会社の人事異動のシーズンですので、

この辺りも増えます。

 

また、

大型連休にも引っ越し

する人が増加傾向にあります。

 

ただ、

大型連休だけみても、

前半の方が引っ越しする人が多く、

後半は少なくなります。

 

前半で引っ越し

完了し、

後半で家の中の整理整頓を

する傾向が見てとれるのではないでしょうか。

 

以上を

参考に考えると、

次のようなランク付けが可能かと思われます。

 

1位:3月から5月

2位:ゴールデンウィーク前半、7月前期から8前期

3位:ゴールデンウィーク後半、8月終わり

 

上記の中でも休日は多忙で、

平日は比較的暇となります。

 

暇な時期に依頼を

すれば、

その分格安引っ越ししてくれることになります。

 

できるだけ上記のシーズンを

回避して引っ越しの日程を

組むと格安料金で引っ越し

してもらうことができるでしょう。

 





sponserdlink